Symposium on Real Estate Sustainability -Energy Management for Green Lease-

グリーンリースとは、ビルオーナーとテナントが協働し、不動産のエネルギー使用量など環境負荷の低減や執務環境の改善について契約(や覚書等)によって自主的に取り決め、その取り決め内容を実践することをいいます。

この取組により、ビルオーナー・テナント双方が光熱費削減等の恩恵を受け、Win-Winの関係が実現するといわれています。

グリーンリースを導入するためには、エネルギー使用量など環境負荷の低減量を定め契約・覚書に書き込んでいく必要があります。しかしながら、LED電球への交換を除くと、エネルギー使用低減量を確度をもって予測することが難しいといわれ、こうした不確実性がグリーンリースの普及を阻害してしまうおそれがあります。

東京大学生産技術研究所「建物におけるエネルギー・デマンドの能動・包括制御技術社会連携部門」では、スマート・エネルギー・マネジメント・システムの開発・普及に取り組んでいます。このシステムを用いれば、多大な費用を要することなく、建築の運用方法の改善や、小規模改修によって、エネルギー使用量の削減を図ることができ、かつ、その削減量の予測確度は飛躍的に高まります。本シンポジウムでは、エネルギー・マネジメント・システムを導入することによって、グリーンリースの普及を推進していく途を探ります。

主 催 

東京大学生産技術研究所 「建物におけるエネルギー・デマンドの能動・包括制御技術社会連携部門」

後 援 

国土交通省(申請中)

協 賛 

一般社団法人 環境不動産普及促進機構 
一般社団法人 日本ビルヂング協会連合会
一般社団法人 不動産証券化協会

日 時

平成28年6月30日(木)14時00分 ~ 17時10分

会 場

東京大学 生産技術研究所(駒場Ⅱキャンパス)An棟2階コンベンションホール

住 所

東京都目黒区駒場4−6−1   
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html

参加費 

無料

プログラム(全て日本語です/通訳はございません)

(1)14:00 ~ 14:10 ご挨拶(今後の施策)   

国土交通省(予定)

(2)14:10 ~ 14:20 趣旨説明        

東京大学生産技術研究所 教授 野城 智也

(3)14:20 ~ 15:00 グリーンリースとは何か

CSRデザイン環境投資顧問(株) 代表取締役 堀江 隆一

(4)15:00 ~ 15:20 グリーンリースへの期待

一般社団法人日本ビルヂング協会連合会 事務局 金子 衛

(5)15:20 ~ 16:00 ICTを活用した省エネルギー可能量の見積りモデル

(株)建築エネルギー研究所 代表取締役 迫 博司

(6)16:00 ~ 16:20 省エネルギーサービスにおける約定事例

東京大学生産技術研究所 特任講師 馬郡 文平

(10分休憩)

(7)16:30 ~ 17:10 パネルディスカッション      

三井住友信託銀行(株) 伊藤 雅人
(株)昌平不動産研究所 清宮 仁
(株)建築エネルギー研究所 代表取締役 迫 博司

司会・東京大学 野城 智也

※尚、講演題目と内容に一部変更になる場合がございますこと、ご了承ください。

参加申込先(申込期限:6月27日(月))

参加希望の方は、下記メールアドレス宛に、①ご所属、②お名前、③メールアドレスをご連絡ください。

miho-o@iis.u-tokyo.ac.jp (東京大学生産技術研究所 馬郡研究室 大塚宛て)

※満員になり次第(収容人数300名)、受付を終了させて頂きます。


2016.06.04