「ZEBを目指すコンビニエンスストア」 ローソン No.4

Toward net Zero Energy Convenience Store
Collaboration with Lawson No.4


2014.11.12:プロジェクトが竣工しました。

株式会社ローソンと野城研究室・馬郡研究室は、郊外型の24時間店舗において、環境負荷削減と省エネルギーを目指した要素技術を統合的に活用した最新の省エネ店舗を開発した。要素技術(最新技術、アクティブ手法とパッシブ手法)を組み合わせ、電力消費量約30%~50%削減*の省エネルギー店舗を実現した。今後は、この内容を洗練し、省エネルギー型店舗としてパッケージ化へ向けた取組みを計画している。2014年度は4店舗目となる豊橋明海工業団地店(愛知県)にて電力消費量を2010年度比60%減を目指し、新規開発の放射冷暖房システムを導入、重力換気システム、またコンビニエンスストア初となる、店舗前面のダブルスキン化を実施し、現在年間エネルギー消費の計測を続けている。

We have completed a fourth Lawson project that aims to develop and integrate technologies toward a net Zero Energy Convenience Store. This year, we aim to reduce 60% electricity consumption (-2010). A newly developed heat sink radiation panel was installed for cooling and heating.




2014.11.12



2014.11.12



2014.11.12



2014.11.12



2014.11.12